発毛方法 > 発毛の現実

発毛の現実

抜けてしまった髪の毛を良く見てみましょう。

でも自分で抜け毛を見ても何も分かりませんよね?

何が原因で髪の毛が抜けてしまったのか、寿命が短いのか、以前と比べて細い毛になったのか。

ただ不安にかられて「毛根が・・」と発毛剤や育毛剤を乱用している場合が多いのでは?

発毛の現実はどうなのでしょう?

薄毛に悩む方が「希望する発毛効果」と「発毛の現実」とは大きなギャップがあります。

広告やコマーシャル、インターネットなどで報告されている発毛効果は一部の方の事例が多く、ほとんどの人にはなかなか効果が得られないのが現実です。

頭皮における皮脂の状態を考えてみましょう。

男性の場合、過剰な皮脂が原因で抜け毛や薄毛になる認識がありますが、毎日良くシャンプーしているのにもかかわらず、薄毛や若ハゲ人口が増加してのは、やはり原因が別にあるのではないでしょうか?

女性の場合、本来体質上、皮脂の分泌が多くなりません。

逆に皮脂量を増やす手当てが薄毛の原因になっている様です。

恐い話ですが、現代の20代の頭皮はひと昔前の40代位の老化した頭皮をしているそうです。

その頭皮から生える髪の毛も当然老化しているのですが、これだけ良いシャンプー剤や発毛剤、育毛剤がある中、現代の方が悪い状態であると言うことは食生活や生活環境であることは間違いないのではないでしょうか?

なかなか発毛の効果を実感するのは難しいことですがあきらめずに体や頭皮の状態を整えましょう。